2012/04/27

■ブルース発祥の街へ-メンフィス-■


コカコーラの世界を堪能し、

次の目指す街は、アトランタから西に600km。

ブルース発祥の音楽の街メンフィス


19世紀の綿花産業で発展する一方、奴隷市が開かれた歴史もあり、

今でも国民の6割はアフリカ系アメリカ人。

ブルースは、その奴隷として労働していたアフリカ人の間から産まれた音楽。らしい。

あのエルヴィス・プレスリーが移り住んだ街でもあり、

本日のお宿は、そのエルヴィスの生家の隣となりました。


街の中心はビールストリート。

ここでは、多くのライブハウスがあり、路上パフォーマンスも行われ、

街中から音楽が流れてくる。


たかし君はブログの題名にもつけちゃうぐらいブルースが好きで、

テンション↑↑。どこか行っちゃった。




音楽はそこまで詳しくないけれど、

たかし君がいう、ブルースの「哀愁/精神/生き方」が、

少し感じ取れた気がします。



たかし君はブルースに夢中。

まーちゃんはブルースが子守唄。



音楽にあまり興味のないあやこでも、

エルヴィスはなんとか知ってるみたいで、

カメラを向けるとこのポーズ。



夜になると街は更に賑やかになり、音に合わせ人々も踊り出す。

video

僕らもテンション高め。



ブルース好きなたかし君がいなかったら、この街は来れなかったな。

ありがとう!

気分は、サタデーナイトフィーバー!!


0 件のコメント:

コメントを投稿